ガンの治療について|早期発見で癌は治せる【気付きにくい初期症状は検査で見つけよう】
看護師

ガンの治療について

診察室

新しいガン治療の特徴

現在死亡原因で常に上位にあるのがガンです。しかし現代医学で徐々に治療法が発展しており、初期ガンの場合は完治できる事例も報告されています。ガン治療も色々研究されていますが、最近注目されているのがNK細胞療法です。NK細胞とはナチュラルキラー細胞の略称で1970年代に発見されました。高純度で活性した細胞を増殖させて利用するNK細胞療法は、免疫療法の一種で、NK細胞を点滴と一緒に体内に取り込み患者の低下した免疫力を高めてガン細胞を排除します。現在の治療法は手術によるガン細胞の切除や抗癌剤投与が大半ですが、副作用を伴うことなく適用できるのは体力のある患者に限られることがあります。しかしNK細胞療法は免疫療法なので体にも優しく、副作用がないのが特徴です。

NK細胞療法について

先に紹介した理由でNK細胞療法が注目されていますが、NK細胞自体は体内に存在しています。但し加齢とともに減少するため免疫力が低下し、ガンのリスクを高めます。NK細胞療法の治療の流れは、まず患者さんから血液を採取しその中でNK細胞を増殖させます。それを生理食塩水に溶かして再び体内へ投与します。投与の期間や回数は患者さんの状態を見ながら医師により決定します。一般的には3ヶ月で6回程度投与されます。気になる副作用ですが人によっては軽度の発熱がある程度で、抗癌剤治療のように心配することはありません。治療費もクリニックによりますが、1クールで約20万円程度です。これは保険適用外のためで多少割高ですが、手術や抗癌剤治療と比較しても、それ程差はありません。