のどに違和感があったら|早期発見で癌は治せる【気付きにくい初期症状は検査で見つけよう】
看護師

のどに違和感があったら

ドクター

検査が大切です

咽頭がんは、のどに出来るがんですが、発生する部位によって症状が異なります。のどの上部であり鼻の奥の部位にできるのは上咽頭がんと呼ばれています。のどの中部で口の奥の部位にできるのは中咽頭がん、のどの下部で喉仏の辺りにできるのは下咽頭がんと呼ばれています。咽頭がんはウィルスが関与していたり、アルコールの摂り過ぎやタバコの習慣が原因ともいわれています。咽頭がんが進行すると、音声機能を司る器官も切除しなければならなくなります。風邪などひいたり少しの体調不良でも、のどが痛くなったり腫れたりするので軽視してしまいがちですが、のどの違和感が続くようならば早急に病院で検査してもらうことが大切です。上咽頭がんや下咽頭がんは、視診や触診などでは分かりづらいので、内視鏡で検査をする必要があります。

耳や目にも障害のリスク

咽頭がんはのどにできるがんなので、呼吸したり食べ物を食べたり声を出すことを妨げないように外科手術はなるべく避けて治療が行われます。放射線治療や抗がん剤治療がメインになりますが、がんが小さいうちならばレーザーを用いて切除することもできます。レーザーならば、メスのように皮膚を切ることがないので、のどの機能を失うことなく、がんだけを切除することができます。がんの治療後は、再発の予防のためにもタバコや飲酒は控えます。また、のどにある神経は耳や目にもつながっているので、がんやがんの治療によって神経が傷つけられていると耳や目にも障害が出ます。障害の出方は人それぞれなので、医師としっかり話し合うことが大切です。