ドクター

のどに違和感があったら

ドクター

咽頭がんはのどにできるがんですが、発生する部位によって症状が異なります。咽頭がんの治療は放射線治療や抗がん剤治療が基本となりますが、進行すると外科手術も行います。外科手術をすると声が出なくなったり食べ物をうまく食べれなくなるので、早期発見・早期治療が大切です。

Read More

めまいを伴う難病について

耳

メニエール病は内耳に水ぶくれが起きることで発症する耳の病気で、激しいめまいや難聴、耳鳴りなどが主な症状です。一定の期間をおいて再発する難病ですが、できるだけ早期に治療を開始することで治癒の可能性が高まります。

Read More

ガンの治療について

診察室

ガン治療の一つにNK細胞療法があります。NK細胞療法とは免疫療法の一種で、血液を採取しNK細胞を増殖させてから体内に戻して免疫力を高めてガン細胞を排除します。副作用がなく体への負担も軽いことが特徴です。

Read More

悪性腫瘍は早期発見が大事

看護師

まず検査を受けましょう

癌の初期段階というのは、意外とわかりにくいことも多いものです。ですから、早期に発見をしたい場合は、やはり病院で検査をしてもらうのが一番です。特にこれといった症状がなくても、検査をすれば発見される癌というのは沢山ありますし、早めに検査を受けることで、今後の治療方法をじっくり検討することもできるからです。初期、あるいはステージ2くらいまでであれば、手術や化学療法、または放射線治療の中から選ぶことができます。癌にもよりますが、進行するに従って転移する可能性が高くなり、治療の選択肢が少なくなって行きます。定期的に検診を受けるようにする、あるいは明らかにどこか異常があると思われる時には、すぐに検査をしてもらうというのがいいでしょう。

自覚症状がある時は早めに

またどの部位に癌ができるかによっても、初期の症状は違って来ます。たとえば内臓の癌の多くは、かなり進行してからでないと、症状が現れません。ただし直腸癌などは、下血や血便などが見られることが多く、それでわかることもあります。また婦人科系の癌のように不正出血が見られる、あるいは、お腹の辺りが張ったような症状になるなどで病院に行き、それでわかるケースもあります。また脳腫瘍のように、初期の段階で頭痛や視覚障害が現れる例もありますし、胃癌のように、胸焼けや胃もたれが見られることもあります。いずれの場合も、最初は他の病気と考えがちですが、同じような症状がしつこく続くとか、段々程度が激しくなってくるといった場合は、速やかに病院に行くようにしましょう。